本文へスキップ

益田興産株式会社は生コンクリートの製造・販売を主力とする地域密着型の会社です。

TEL. 0856-22-7888

〒698-0041 島根県益田市高津八丁目13番22号

販売商品 > 西条柿

西条柿SAIJO PERSIMMON


西条柿とは

西条柿の歴史は古く、16世紀半ば、毛利氏と尼子氏の覇権争いが行なわれていた頃、西条柿はすでに干し柿として 加工され武士の保存食料として珍重されていたそうです。
本格的な栽培が始まったのは昭和初期からで、昭和30年代にドライアイスの渋抜き技術が普及するとその品質は飛躍的に向上しました。
西条柿の名前の由来は、広島県東広島市の「西条町」ともいわれていますが定かではありません。
ただ東広島市の「西条町」の長福寺には西条柿にまつわる由縁が書き残されていると聞きます。


西条柿の特徴

西条柿は中国地方特有の品種で全国的にみても非常に珍しい柿です。
その特徴はなんといってもその味と形です。 果実は縦長で側面に4条の溝があります。
色はあまり濃くはありませんが、果肉はとても緻密で硬くなくとは言っても柔らかいというほどでもなく、 やさしく口の中で崩れる感じで、糖度が高く甘くなります。
ただ、日持ちがあまりしないタイプで、渋抜き後出荷されたものは数日で柔らかくなってきます。

渋抜きされた西条柿は、常温だと1〜2日、ビニール袋に入ったまま袋の口をきつく縛り冷蔵庫で保存した場合4〜5日程度でやわらかくなってきます。
実がやわらかくなる前に召し上がりたい方は、早めにお召し上がりになることをお勧めします。


西条柿の皮のむき方

西条柿の形は、側面に深い溝が入っているため、一般的な柿やリンゴのように果実をまわしながら皮を剥いて行くことは出来ません。
皮をむくときは、まず溝に沿ってナイフを入れ、縦に4等分に櫛切りしてから、それぞれの皮を縦に剥いていくようにすると綺麗にむけます。


西条柿の販売・注文方法

平成29年の西条柿の出荷は終了しました。
沢山のご注文有難うございました。
来年の出荷は、10月中旬頃からを予定しています。

A 5kg箱入(約28玉位)   ¥3,800(送料税込)
B 2.5kg箱入(約15玉位) ¥2,800(送料税込)
ご注文を確認次第お電話させていただきます。

※送料について
離島・地域によって割増になります。
東 北 上記金額に  ¥500UP
北海道 上記金額に¥1,000UP
沖 縄 上記金額に¥1,000UP
上記のカタログ・注文書を印刷して、必要事項を記入の上FAXして下さい。
ご注文を確認次第お電話させていただきます。

注文FAX番号:0856-22-8310


バナースペース

益田興産株式会社

〒698-0041
島根県益田市高津八丁目13番22号

TEL 0856-22-7888
FAX 0856-22-8310
Mail kosan@masuda-kosan.co.jp