本文へスキップ

益田興産株式会社は生コンクリートの製造・販売を主力とする地域密着型の会社です。

TEL. 0856-22-7888

〒698-0041 島根県益田市高津八丁目13番22号

製造品MANUFACTURING

生コンクリート

◇生コンとは

生コンクリートは通称、生コンと呼ばれるもので、日本工業規格(JIS)の「コンクリート用語」では、レディーミクストコンクリート(Ready Mixed Concrete)と呼ばれる。
生コンをひとことで定義すれば「コンクリート製造設備をもつ工場(生コン工場)で製造され、フレッシュコンクリートの状態で施工現場に配達されるコンクリート」であり、 商品として取り扱うフレッシュコンクリートを生コンという。
一般に用いられている生コンはJIS指定商品とされており、商取引において他の工業製品にも見られるように、 製品の標準化を図ることにより、製造者にとっては生産目標となり、使用者(消費者)にとっては使用したい生コンの選択基準(仕様書)となっている。 言い換えれば消費者が保護されるように、国家規格として日本工業規格のJIS A 5308「レディーミクストコンクリート」が制定されており、ほとんどの生コンの商取り引き が、このJISにより行われている。
生コンが商品として昭和24年の終わり頃に市場に出るようになって以来、急速な発展を見たが、従来の施工現場練りコンクリートに 対して、次のような点が需要増加の大きな要素となっている。

◇標準物の生コン(規格該当品の生コン)

○○○○○○○○イメージ

色々な品種の生コンの価格を設定する際に、使用材料であるセメント、骨材、混和材料の種類が、たとえばセメントは普通ポルトランドセメント、骨材は普通の骨材で粗骨材の最大寸法25mm、混和材料はAE減水剤を用いるような場合、それらの生コン1立方メートル当たりに使用する個々の材料の量(これを配合と呼ぶ)が、生コンの品種によって増減することや、その他製造、運搬上の関係からそれぞれのコストがある格差で異なってくる。このような理由から、ベースとなる品種とその価格を定めて、それと異なる品種の場合に生じるコスト差を価格差に展開する価格体系が一般的に採られており、その際のベースとなる品種が標準物と呼ばれている。 標準物の生コンは、このような意味からその地域において、定常的に最も需要の多い品種ということになるが、それは地域の需要動向の違いや、同一地域にあっても需要動向の変化などがあり、必ずしも一概に当てはまるものではない。一般的に標準物の生コンといわれているものの例が図-1である。


図-1 標準物の生コンの一例

標準物の生コンの一例

この例のように21-18-20というように表している標準物の生コンは、その品種の内容をユーザーに対して誤まりがないように正確に示す場合には、下の図-2のような生コンJISによる表示内容ということになる。


図-2 JISによる正確な表示の方法

JISによる正確な表示の方法


このように生コンという商品は、まだ固まらない状態でユーザーに配達されるだけに、標準物のコンクリートがどういう品質のもので、どのような形で保証されるものであるかを明確に定めておく必要がある。


全国生コンクリート工業組合連合会ホームページより


砕石・製砂

砕石

砕石とは、採石(地表の岩石鉱床や鉱物鉱床を開発し、採掘すること)後、破砕・粉砕し一定の規格に合わせて製品化することまたはされた物。
「採石法」に定められている岩石は24種あり、砂岩、安山岩で全体の2/3を占める。
弊社砕石場の岩石は、硬質砂岩です。

砕石/砕砂
品 目 サイズ 用  途
3号砕石 40mm-30mm 暗渠配水用 その他
4号砕石 30mm-20mm 暗渠配水用 ブロック裏込材用 その他
5号砕石 20mm-13mm 生コン骨材用 敷石用 その他
6号砕石 13mm-5mm 生コン&アスファルト合材骨材用 敷石用 その他
7号砕石 5mm-2.5mm 生コン&アスファルト合材骨材用 敷石用 その他
砕砂 5mm 生コン&アスファルト合材骨材用 二次製品用 管保護用 その他
砕砂 3mm 生コン&アスファルト合材骨材用 二次製品用 管保護用 その他

JIS規格砕石
品  目 用  途
25mm-05mm 生コン&アスファルト合材骨材用 二次製品用 その他
20mm-05mm 生コン&アスファルト合材骨材用 二次製品用 その他
15mm-05mm 生コン&アスファルト合材骨材用 二次製品用 その他
10mm-05mm 生コン&アスファルト合材骨材用 二次製品用 その他
砕砂 3mm 生コン&アスファルト合材骨材用 二次製品用 その他

コンクリート用砕石

コンクリート用砕石はJIS規格 A 5005-1988に示されている。原石は、玄武岩・安山岩・硬質砂岩・硬質石灰岩・またはこれに準ずる石質を有する岩石であること。 品質は 比重2.5以上(ダム用 2.6以上)、吸水量3%以下、安定性12%以下、すりへり減量(ロスアンゼルス試験)40%以下。

粒度規格は

呼び方 粒度範囲
(mm)
フルイの呼び寸法 
フルイを通るものの重量百分率(%) 
100 80 60 50 40 25 20 15 10 5 2.5
砕石
5005
50〜5 - - 100 - 90〜
100
35〜
70
- 10〜
30
- 0〜5 -
砕石
4005
40〜5 - - - 100 95〜
100
- 35〜
70
- 10〜
30
0〜5 -
砕石
2505
25〜5 - - - - 100 95〜
100
- 25〜
60
- 0〜
10
0〜5
砕石
2005
20〜5 - - - - - 100 90〜
100
- 20〜
55
0〜
10
0〜5
砕石
1505
15〜5 - - - - - - 100 90〜
100
40〜
70
0〜
15
0〜5
砕石
8040
80〜40 100 90〜
100
45〜
70
- 0〜
15
- 0〜5 - - - -
砕石
6040
60〜40 - 100 90〜
100
35〜
70
0〜
15
- 0〜5 - - - -
砕石
5025
50〜25 - - 100 90〜
100
35〜
70
0〜15 - 0〜5 - - -
砕石
4020
40〜20 - - - 100 90〜
100
20〜
55
0〜
15
- 0〜5 - -

注)*これらのフルイは,それぞれJISZ8801(標準フルイ)に規定する標準網フルイ101.6mm,76.2mm,63.5mm,50.8mm,38.1mm,,25.4mm,19.1mm,15.9mm,9.52mmおよび標準網フルイ4760μ, 2380μである。


製砂

工場で生産するコンクリート用砕砂を造ることを目的として、弊社では、風化花崗岩を粉砕して得られた細粒を製砂機(ボールミルなど)を使って粉砕し、 微粉(岩石の微粉、粘土類)を除去している。
微粉の除去方法によって乾式システムと湿式システムに分れるがより除去度の高い湿式が、コストが高く、廃泥の処理に苦労しながらも、一般的になっている。
弊社では、湿式システムを採用している。


発破用込物

ANKOKUN工場イメージ

ANKOKUN

発破用填塞物 商標ANKOKUN

発破作業で使用する込物で主に、粘土・砂等で作ります。
弊社では、風化花崗岩(真砂土)を原料として、砕砂(製砂)を 製造しております。その製造過程で発生する汚泥を処理した後の 脱水ケーキ(粘土)を再利用して製造しています。


特許
第3458131号
商標登録
第3360109号
ANKOKUN製品イメージ
サイズ 本/箱
 Φ26×100L 240本
 Φ30×100L 200本
 Φ33×100L 180本

バナースペース

益田興産株式会社

〒698-0041
島根県益田市高津八丁目13番22号

TEL 0856-22-7888
FAX 0856-22-8310
Mail kosan@masuda-kosan.co.jp